CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 筑波山に行ってきました☆ | main | サザンオールスターズ LIVE 2015☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
生誕110年 片岡球子展☆
JUGEMテーマ:展覧会

東京国立近代美術館で開催されている「生誕110年 片岡球子展」に行ってきました。



 

1905(明治38)年札幌に生まれ、2008(平成20)年103歳で天寿を全うするまで、生涯描き続けた片岡球子。一見、油絵とも思える鮮やかな色彩と大胆な構図が魅力です。
 

 若い時代、個性的な絵画は“ゲテモノ”と呼ばれ院展では落選が続きました。日本画の世界では異端の画家であったようです。小林古径は球子について「あなたの絵はゲテモノと呼ばれているが、ゲテモノと本物は紙一重だからそれを捨ててはいけない。個性的な造形表現はあなたの強みであるのでずっと持っていなさい。」と言って励ましたそうです。

「初夏」 昭和31年 北海道立近代美術館

 

 
火山から富士山へとつながる「山」のシリーズは筆のタッチが荒々しく鮮やかな色彩でエネルギーを感じます。

「山」(富士山) 昭和39年 北海道立近代美術館

 

 
歴史上の人物や浮世絵家などを描いた「面構(つらがまえ)」シリーズでは、自分と違う時代に生きた人々がもし同じ時代に生きていたらと、私(自分)に引きつけて描いています。

「面構 足利尊氏」 昭和41年 神奈川県立近代美術館

 

 

特集:〈スケッチブック〉

球子はスケッチをマジック、クレヨン、アクリル絵具を使用し、色鮮やかに描いています。またスケッチの段階から対象を自分の目で自分のフィルターを通して造形感覚で描いています。

「(写生図) 四国の海」 昭和38年

 

 
 

「裸婦」シリーズは76歳から取り組み始め、院展最後の作品『ポーズ23』まで、この時球子は100歳となっていました。

「ポーズ4」昭和61年 札幌芸術の森美術館

 

 

絵画に対して真剣に取り組んだ、片岡球子の魂が感じられる見ごたえのある展覧会でした。


会期は5月17日(日)までです。

お見逃しなく!



いつもお読みいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援クリックをお願いします。
 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイントへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ


 

| 展覧会 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:52 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nocotomo.jugem.jp/trackback/194
トラックバック