CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 梅しごと☆ | main | バーミキュラ☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより」☆
JUGEMテーマ:展覧会

竹橋の東京国立近代美術館で行われている「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより」に行ってきました。

 

この展覧会はヤゲオ財団が所蔵する現代美術のコレクションの中から40アーティスト、75作品が展示されています。

ヤゲオ財団とは台湾資本の電子部品メーカー、ヤゲオ・コーポレーションのCEO、ピエール・チェン氏のコレクションを管理し、25~30年前よりおよそ400点を所蔵しています。主に中国の近現代美術と西洋の近現代美術で構成されています。

 

10章からなる章解説では上段に美的な価値、下段に社会的な価値、経済的な価値が記述されています。作品のキャプションにはオークションの落札価格などの情報やコレクター・チャレンジというゲームも用意されています。『今からあなたに50億円をお渡しします。』と50億円持っていたら今展の作品の中から上限5点を選んで家に飾ってみましょう。そして自分の暮らしたい空間を作ってみましょう。というもので、模型の家と17点の作品が置いてあります。市場評価額を考えながら絵画の買い物が楽しめます。

 

1 ミューズ

マン・レイ「ジュリエット」1947年 油彩・キャンバス

 

ジュリエットとはマン・レイがパリを離れてアメリカに移り住み、ハリウッドで出会った女性です。山羊のような顔をした表情にはインティメイトがよく出ている作品です。この作品をチェン氏は風呂場(香港の家)に飾っています。最も大事な作品はリラックスして『見たい』からです。リビングルームに飾っている作品は『見せたい』作品です。

 

2 ポップ・アート

ジョン・チェンバレン「カ・ドーロ」1964年 塗装した鉄

車のスクラップ、複雑な帯からなる作品です。既に塗られているアメ車特有の深みのある色やグラデーションが効果的に表現されています。

 

3 サンユウ(常玉)
サンユウ「アヒルとボート」
1930年 油彩・キャンバス

 

サンユウは中国四川省の生まれで主にパリで活躍しました。没後2004年にはパリのギメ美術館で個展が開かれ注目度の高い作家です。「アヒルとボート」は油絵ですが薄く、荒いストロークで透けて地が見えています。木目や地を残したかすれ具合は水墨画的な親和性が感じられます。

 

4 中国の近代美術

中国あるいは台湾の近代美術を語るうえで欠かせないアーティスト達の作品です。ほとんどがチェン氏の台湾の会社のオフィスに飾られているそうです。

 

5 崇高

マーク・ロスコ「無題」1955年 油彩・キャンバス

 

オレンジ色を基調にした明るい印象の作品です。色と色の境界はぼやけて微妙な階調で変化しています。柔らかな優しい雰囲気に包まれ、その世界に引き込まれるような気がします。今展の作品の中で一番高額な作品です。チェン氏の自宅のリビングに以前飾られていたそうです。

 

6 威厳

ザオ・ウーキー(1921-2013) 中国・北京生まれ。

アート・マーケットにおける中国の台頭を象徴するアーティストのひとりで、パリで活躍した画家です。フランスの詩人アンリ・ミショーが次のように書いています。「ザオ・ウーキーの絵画にはまちがいなくひとつの美徳がある。すなわち、彼の絵画は見るものに幸福をもたらすのだ。」

 

7 リアリティ

アンドレアス・グルスキー「メー・デーIV2000年 タイプCプリント

グルスキーの評価を決定づけた個展で新作として発表された代表作です。縦2メートル、横5メートルを超える巨大なもので群衆をモチーフにした作品です。デジタル画像処理された虚構の群衆は他者との関係性の希薄さが感じられます。

 

8 記憶

アンゼルム・キーファー「君の金色の髪マルガレーテ」1979-81年 油彩、エマルジョン、藁・キャンバス

 

キーファーの代表作で今展最大の作品、290×400cmです。ホロコーストで両親を亡くしたパウルツェラン(ドイツ系ユダヤ人の詩人)の詩『死のフーガ』に基づいた作品です。藁は金色の髪、藁の先から炎が見え、グレーは大地を現しているメタファー(比喩)です。

 

9 実存的状況

ホモセクシャルな部屋でフランシス・ベーコン、ピーター・ドイグなど90年代の絵画の中でも重要な作品が見られます。

ピーター・ドイグ「カヌー・湖」1997年 油彩・キャンバス

 

映画『13日の金曜日』の湖にボートを浮かべている1シーンを描いています。色だけを見ると平板に塗られていますがにじみを意図的に作ったり、ディティールを細かく描き、奥行き観のある作品です。物質性を排除し平面性でいかに豊かに表現できるかを追求しています。ドイグは多文化、様々な生活経歴を持ちカナダのアーティストやトリニダード・トバゴの人々に影響を受けています。

 

ロン・ミュエク「若者」2009年 ミクストメディア

 

血のついた白いシャツをたくし上げて、脇腹の傷をのぞき込んでいる黒人の若者の像です。65cmの小さな作品です。黒人の傷は人種差別やキリストの磔刑の傷を表現しているのかもしれません。ミュエクの人物像は誰でもないと同時に誰でもあるという、人間の先入観に疑問を投げかける作品です。

 

10 新しい美

マーク・クイン「ミクロコスモス(セイレーン)」2008年 18

 

身体は有名なファッションモデルのケイト・モスであり、ポーズはヨガのマイスターから作ったもので、作品はシリーズ化しています。東洋と西洋のミックスであり、伝統的な美の規範、概念、モラルに対する挑戦的な姿勢が感じられます。

 

アートと共に生活するチェン氏の家の写真も展示され、ライフスタイルに合ったアートが暮らしの中でより一層魅力を増していると感じました。

世界的に価値のある作品でも、美術館ではなかなか購入できないような作品や、個人コレクターの所蔵ならではの魅力ある作品を観る事ができた有意義な展覧会でした。

 

会期は824日(日)までです。お見逃しなく!

 

 

いつもお読みいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援クリックをお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイントへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:27 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nocotomo.jugem.jp/trackback/184
トラックバック