CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< スクール展終了しました。ありがとうございました☆ | main | 寒緋桜が満開です! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ラファエル前派展に行ってきました!
JUGEMテーマ:展覧会

六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されている「テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢」に行ってきました。

 

英国美術史に大旋風を巻き起こした、ロンドンのテート美術館が所蔵するラファエル前派の名品72点の展示です。

 

ラファエル前派とは、当時のラファエロを規範とする保守的なアカデミズムに反旗を翻し、それ以前の初期ルネサンス芸術に理想を見いだし、自由な表現を追求した前衛芸術運動です。

 

正式名称「ラファエル前派兄弟団」は1848年、ロンドンのロイヤル・アカデミーで学んでいた3人の学生、ジョン・エヴァレット・ミレイ、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルトマン・ハントを中心とする7人の若者によって結成されました。

 

展示は7つの章から構成されています。

 

1.歴史

ジョン・エヴァレット・ミレイ 「オフィーリア」1851-52

 

 

回りの花や草木、小鳥の情景が鮮やかに描かれています。ミレイは自宅のバスタブの中にモデルのエリザベス・ジダル(ロセッティの妻)にポーズをとらせて描いたそうです。

 

2.宗教

ジョン・エヴァレット・ミレイ 「両親の家のキリスト(「大工の仕事場」)」1849-50


 

3.風景

フォード・マドックス・ブラウン 「穀物の収穫」1854-55


 

4.近代生活

ウィリアム・ホルマン・ハント 「良心の目覚め」1853-54


 

5.詩的な絵画

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 「ダンテの愛」1860

 
 

6.

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 「ベアタ・ベアトリクス」1864-70年頃

 
 

ダンテの愛したベアタ・ベアトリーチェとロセッティの伴侶エリザベス・ジダルを描き重ねた作品といわれています。背景にはダンテとベアトリーチェ、ヴェッキオ橋、日時計が見えます。「光輝く鳥」、死の使者が白いケシの花をくわえています。これはジダルがアヘン剤の過剰摂取で亡くなった事を示しています。

 

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 「プロセルピナ」1874

 

今展の中でも一番楽しみにしていた作品です。

魅力的な美しい女性プロセルピナはザクロの種を一粒食べた後、地下世界と地上世界の両方で交互に生きなければならなくなり、地下では冥府の神プルートーに愛され、地上に戻れば春に迎えられました。モデルはウィリアム・モリスの妻ジェイン・モリスです。ロセッティと親密な関係を結んでいたそうです。

絵の前から離れたくない、そんな魅力的な作品でした。

 

7.象徴主義

エドワード・バーン=ジョーンズ 「『愛』に導かれる巡礼」1896-97

 


 

会場内にはラファエル前派と女性たちの人物相関図や、モデルになった女性と描かれた作品が紹介され、複雑な人間関係を考えながら作品を観るのも、違ったおもしろさがありました。

 

大変魅力あふれる展覧会でした。

会期は46日(日)までです。どうぞお見逃しなく!



いつもお読みいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援クリックをお願いします。
 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイントへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ


 

| 展覧会 | 18:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:36 | - | - | pookmark |
コメント
こんにちは。
私も六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーでラフアエル前派展を見てきました。
ラフアエル前派の画家たちのたくさんの作品を系統的に鑑賞できるのは珍しく、ミレイ、ロセッティ、バーン・ジョーンズなど出品されていた多くのの作品を思い出しながら、読ませていただきました。
保守的で停滞気味のロイヤル・アカデミーに反乱を起こし、新しい精神で芸術を創造しようとした「ラフアエル前派」の画家たちの気持ちには共感しましたが。印象派、フォービズム、キュビズムのような明確な理論や絵画手法を持った芸術運動でなかったラファエル前派は、この画家の感性や市資質の違いから大きな芸術潮流には育ちませんでしたが、ミレイ、ロセッティ、バーン・ジョーンズの魅力ある作品群から、画家の独特の自意識や美の感性を楽しむことができました。

今回の美術展で漠然としていた「ラフアエル前派」の全体像が見えてきたように思い、個々の画家の魅力も含めて「ラフアエル前派」について私なりにまとめてみました。読んでいただけますようでしたら、ご感想、ご意見などどんなことでも結構ですから、ブログにコメントなどをいただけると感謝します。
| dezire | 2014/03/28 7:28 AM |
dezireさん

ご訪問ありがとうございます。
dezireさんの記事、読ませていただきますね。

ロセッティの魅力あふれる女性像に惹かれます。
ラファエル前派の画家たちやモデルになった女性たちについて興味深い展覧会でしたね。
| noconoco | 2014/04/07 2:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nocotomo.jugem.jp/trackback/176
トラックバック