CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 穏やかなお正月☆ | main | ブログ開設4周年☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ジョセフ・クーデルカ展
JUGEMテーマ:展覧会
竹橋の東京国立近代美術館では、「ジョセフ・クーデルカ展」が開催されています。
会期は1月13日(月・祝)までです。




ジョセフ・クーデルカ(1938年チェコスロヴァキア生まれ)は、世界で最も注目される写真家の一人で、現在パリとチェコスロヴァキアを拠点に活動しています。

クーデルカの初期から最新作までを紹介する展覧会です。
7つの章からなるシンプルな構成になっています。

第1章 「初期作品 Beginnings 1958-1961」

1961年、最初の展覧会に出品された作品です。テーマがなく、身近な光景や身の回りの風景をカメラのレンズを通して切り取ったもので、形のおもしろさ、構図のリズムのおもしろさを見ることができます。


第2章 「実験 Experiments 1962-1964」

演劇雑誌の表紙のために制作された作品群です。
元の写真を工夫してデザイン的にしたものや、特殊な撮り方、斜めから撮ったり、暗室技法を使っておもしろい写真を作成していきました。
航空技師、エンジニアだったクーデルカは写真家としての基本技術、被写体を際立たせるためのテクニックを磨いていきました。


第3章 「劇場 Theater 1962-1970」

俳優のポートレイト、舞台写真“門のむこう劇場”など舞台の専属の写真家として撮った写真群です。
ジプシーズとほぼ並行し、9年間撮り続けました。24歳から32歳までの若きクーデルカの時代です。
単なる記録でなく、役者が表現しようとした事を、同列の作品としてクーデルカが作っていきました。


第4章 「ジプシーズ Gypsies 1962-1970」



クーデルカはチェコスロヴァキア各地に暮らすジプシーを訪ねて撮影に取り組みました。
メディア(写真)を実際に世界に向けたとき、閉じられた国の中で、更に閉じられた「劇場」と「ジプシー」、この二つのシリーズが生まれました。
現実とは違った世界にカメラを向け、写真家としての姿勢が培われていきました。


正面からの写真が多く、演劇的な感覚を感じます。


第5章 「侵攻 Invasion 1968」

「プラハの春」と呼ばれた民主化勢力の台頭に対する反動として、1968年8月、ソヴィエト軍がチェコスロヴァキアに軍事介入します。プラハへの侵攻と市民の抵抗の一部始終を撮影。この大きな事件の5日間の写真は翌年、匿名のまま西側諸国に配信されました。
これはクーデルカにとって最も大きな転機となり、「侵攻 Invasion 1968」は代表作として位置づけられています。
戦いには負けたが、武器を持っていない側は最終的には強かったということ、チェコスロヴァキア、プラハの市民にとって非現実的なことにまきこまれた数日間を、写真を通して40年後の我々にしっかりと伝えてくれているのだと思います。


第6章 「エグザイルズ Exiles 1968-1994」

亡命者となって1970年、祖国を出たクーデルカにとって、20年以上に渡ってヨーロッパ各地を旅しながら撮影を重ねていきました。1988年『エグザイルズ』という写真集にまとめられました。

黒い犬の写真からは、さまようクーデルカ自身を思わせるようで、また真っ黒な人影も度々現れ、暗い孤独感が表現されているようです。


第7章 「カオス Chaos 1986-2012」



最新作を含む、パノラマフォーマットの風景のシリーズです。
大空間に人影はなく、荒廃した土地や地中海沿岸の古代ローマ遺跡群などが、迫力あるパノラマサイズで迫ってきます。人は居ないのですが人の営みが残した痕跡を捕らえています。

部屋の中央には3つの長いケースがややランダムに置かれ、その中には鉱山の炭坑風景の写真集が展示されています。


ジョセフ・クーデルカの写真から、それぞれの時代で違った印象の作品でを撮している。新しいことに挑戦するエネルギーを感じました。



いつもお読みいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援クリックをお願いします。
 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイントへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
| 展覧会 | 02:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:54 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nocotomo.jugem.jp/trackback/169
トラックバック